インゾーネのほん。札幌のインテリアショップinZONEwithACTUSのWEBマガジンです。

RECIPE - 有名な料理店のシェフが教えてくれる旬の素材を使ったレシピ。

2015.06.24

20150624_01.jpg

#15 ~家バル、しませんか?~
エビのアヒージョ&色々野菜の自家製ピクルス

スペインの人々とってお馴染みの「バル=BAR」。ふらっと立ち寄って、「タパス」と呼ばれるお酒にぴったりの料理をつまみながら、気軽に食べたり飲んだり。グラスを片手に、気の置けない仲間と何気ないおしゃべりを楽しむのは至福の時間ですよね。そんな飾らない「バル」スタイルを自宅でも取り入れてみませんか?今回はタパスの代表的なメニュー、「アヒージョ」のレシピをご紹介します。教えてくださるのはinZONE TABLE店長の安藤彰浩氏。今人気のジャーサラダ風に仕上げたおしゃれなピクルスも、一緒にどうぞ。

20150624_02.jpg

inZONE TABLE

住所:札幌市中央区南6条西22丁目3-45
TEL :011-520-3939
営業時間 ランチ :11:30~15:00(L.O.14:30)
     カフェ :11:30~17:00
     ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
     月曜定休

20150624_03.jpg

店長 安藤 彰浩より

南円山の閑静な住宅街にあるinZONE TABLEはまるで誰かの家に招かれたようなほっと寛げる空間。旬の素材を最大限に活かしたお料理、スタッフの笑顔で皆様をお迎えいたします。今後は通常メニューに加え、女子会やスペシャルプラン等、パーティーメニューを更に充実させていく予定です。スタッフ一同、心を込めておもてなしいたしますので、是非一度足をお運びください。

「エビのアヒージョ」

*アヒージョとはスペイン語でニンニクのこと。オリーブオイルとニンニクで煮込む、スペインの小皿料理の一種。

<材料 *カスエラ一皿分>

20150624_04.jpg

*カスエラとはスペインの伝統的な耐熱容器。インゾーネでも購入可

  • ブラックタイガー無頭    10尾
  • ニンニクみじん切り     スプーン1杯
  • 玉ねぎみじん切り      スプーン1杯
  • 鷹の爪           1個
  • ピュアオリーブオイル    200㏄

 

  • 塩             適量
  • パセリみじん切り      適量

<作り方>

  1. 20150624_05.jpg エビの尾の尖った部分を取り、あとの尾は残す。
    殻をむき背に切り込みを入れ、背ワタを取る。
  2. カスエラに、Aの材料を全て入れる。中火~強火で加熱(器から炎がはみ出ない程度)にする。
    20150624_06.jpg20150624_07.jpg
  3. 20150624_08.jpg エビの色が変わり始めたら、万遍なく火が通る様にスプーンで混ぜながら加熱する。
    *火力は落とさない。ゆっくり加熱するとエビが縮んでしまうので一気に加熱する。
  4. 塩で味を調える。
  5. 20150624_09.jpg ニンニクの香りがたち、エビに火が入ったらパセリを入れて完成。
    *加熱しすぎてしまうとニンニクが焦げて苦味がでてしまう。またカスエラ自体が熱くなっているので、火を止めても余熱で更に火が入ることを計算し、早めに火から下ろす。すぐにテーブルへ運び熱々の状態でいただく。

インゾーネテーブル提供のアヒージョメニューはこちらです。

十勝産マッシュルームと生ハムのアヒージョ \680
活タコとトマトのアヒージョ        \680
丸ごと甘えびのアヒージョ         \680
絹ごし豆腐と粗挽きペッパーのアヒージョ  \680
牡蠣と岩海苔のアヒージョ         \780

その他のメニューはこちら
http://www.inzone.jp/cafe/

「色々野菜の自家製ピクルス」

<材料>

20150624_10.jpg

ピクルス液

  • 水           200㏄
  • 穀物酢         100㏄
  • 白ワインビネガー    60㏄
  • 塩           6g
  • 上白糖         20g
  • ホワイトペッパー    10粒
  • ローリエ        1枚
  • 鷹の爪の輪切り     1g

野菜

  • きゅうり        1本
  • ズッキーニ       1本
  • 人参          1本
  • セロリ         適量
  • 大根          適量
  • オクラ         適量
  • みょうが        適量

*その他、カリフラワー、赤や黄パプリカなど、お好みで。長芋なども食感が楽しめる。ただしブロッコリーなどの煮崩れしやすいものを入れると、仕上がりの見た目が悪くなってしまう。

ピクルス液の下準備
ピクルス液の材料(鷹の爪の輪切り以外)をすべて鍋に入れ一煮立ちさせる。沸騰したら火を止めて冷ます。
冷めたら鷹の爪の輪切りを加える。
*鷹の爪を加熱すると辛さが強く出てしまうので、粗熱が取れてから加える。
*白ワインビネガーが無い場合は、同分量を穀物酢で代用可。

<作り方>

  1. 20150624_11.jpg 野菜の下準備

    [切り方]
    *基本的に、容器のサイズに合わせてカットする。
    *きゅうり、人参、大根、ズッキーニなどの硬い野菜はカットしてOK。拍子切り(食材を縦4~5cm程度に切り、横1cm幅くらいに切る)にする。
    *オクラはがく(固い部分)を取り除く。
    *みょうがは縦半分に切る。
    *形が崩れやすい野菜は丸ごと漬け込むのがポイント。
    20150624_13.jpg20150624_13.jpg

    [野菜の下茹で]
    沸騰した多めのお湯を用意し、野菜を下茹でする。
    あくまでも色出しの為なので、さっと湯に通し、すぐに氷水で冷やす。
    冷えたらざるで水気を切っておく。
  2. 20150624_14.jpg 下茹でした野菜を瓶に詰め、ピクルス液を注ぐ。
    *具材が空気に触れてしまうと変色して、日持ちもしなくなってしまうため、しっかり蓋をして冷蔵庫に入れる。
  3. 20150624_15.jpg 一晩たてば食べ頃に!
20150624_16.jpg

お料理とご一緒に


アヒージョにはバゲットを添えて。ニンニクやエビのエキスをたっぷり含んだソースをつけていただきましょう。アヒージョ、ピクルス共に爽やかな風味の白ワインが良く合います。こちらのワインの品種はシャルドネ・ヴィオニエです。

20150624_17.jpg

夏限定2階テラス席もどうぞご利用ください。

20150624_18.jpg

器のご紹介


お皿はすべて北欧(フィンランド)のブランド、イッタラ。こちらのティーマというシリーズは、ベーシックで料理を選ばない、イッタラの定番ラインです。無駄のないシャープなフォルムは、モダンでおしゃれな食卓を演出できます。左上のカトラリーはソムリエナイフでも有名なフランス・LAGUIOLEのもの。その他は日本を代表するインダストリアルデザイナー、柳宗理のカトラリー。北欧デザインとの相性もバッチリです。全てinZONE TABLEで実際に使われている器で、inZONEのショップでも取り扱っています。

インゾーネショップはこちら
http://www.inzone.jp

COMMENTS

RELATED POST


inZONE with ACTUS 宮の森

inZONE with ACTUS 宮の森

〒063-0802 札幌市西区二十四軒2条7丁目1-14
(地下鉄東西線 二十四軒駅から徒歩6分 専用P 25台)
tel 011-611-3939 fax 011-611-3233

inZONE with ACTUS 札幌駅前

inZONE with ACTUS 札幌駅前

〒060-0003 札幌市中央区北3西4丁目
(日本生命札幌ビル 商業棟 1階)
tel 011-280-3939 fax 011-280-3940

特集

インテリア
チャレンジコレクション
プロフェッショナルな人のテツガク
レシピ


オーナーズライフ

インゾーネの家/注文住宅
M+/リノベーション


カルチャー

ワインゾーネ
インゾーネクッキング
イベントレポート

コラム

スタッフのお気に入り
宮の森通信
カトウの日常
谷本の酒ログ


ライフスタイル

ブック
ミュージック
フラワー
ムービー