インゾーネのほん。札幌のインテリアショップinZONEwithACTUSのWEBマガジンです。

Owner's Life - さまざまな「暮らし」のかたちをご覧ください。

2015.12.17

20151217m01.jpg

20151217m02.jpgお気に入りの居酒屋風小上がりと
コンクリートのスタイリシュ和モダン。



ふたり暮らし&ペット(犬)  札幌市西区・S様邸 / 築30年 / プラン:3LDK→1LDK+ダイニングが掘りごたつ

20141024_mtxt01.gif

20151217m03.jpg

トイレはぐっとシックに落ち着いたモダンスタイル。引き締め色の壁とアラベスクタイルを思わせるクロス、そして間接照明が高級感を醸し出す。

20151217m04.jpg

最優先で考えた愛犬・JIGENくんのスペースはいつでも顔が見られるLDKの一角に。壁にはクロスを張り、床部分も防水フロアで掃除しやすくしてある。

20151217m05.jpg

自慢のダイニングキッチン。お洒落な飲食店のようなオープンキッチンと和モダンな小上がりはSさんのアイディア。黒い格子風手すりと奥のアクセントクロスが効いている。

20151217m06.jpg

窓にはそれぞれに趣が異なるダブルブラインド。あでやかな赤が空間に華やかさと品格を与える。照明の傘も合わせて赤い和傘を模したものを選んだ。

20151217m07.jpg

小上がりの床はフラットにも掘りごたつにもなり、ブラインドを下げれば客間としても使える。用途に合わせて変えられる仕組み。

20151217m08.jpg

天井をあげて構造のコンクリートをあらわしにし、スタイリッシュな雰囲気を出している。和とコンクリートの組み合わせはご主人のアイディア。

20151217m09.jpg

照明器具の配線もワイヤーを使ってインテリアのひとつに。キッチンの排気ダクトも隠さず、あえて無骨なデザインを活かしている。

20151217m10.jpg

今ではあまり見られないワイヤーを使った碍子風の配線が、コンクリートの天井と組み合わせることでレトロだけれどもモダンな印象を与える。

20151217m11.jpg

ベッドルームから続くユーティリティはLDKにも抜けられる回廊式で動線も効率的。広い洗面カウンターの一角には座ってゆっくりメイクを整えられるスペースも確保。

20151217m12.jpg

元からある梁を活かした照明と、TV台と一体となった仕切り兼用のデザインウォールが印象的なリビング。インターネットで探したというスチールのサイドボードのハードさがアクセント。

20151217m13.jpg

夫婦揃ってお酒好きで晩酌が楽しみなSさん夫妻だけに、人を招くのも大好き。そんなときは「家で居酒屋のように寛いでもらいたい」と作った小上がりが大活躍。

20151217m14.jpg

LDKを見渡せるキッチンは、共働きのSさんにとって家事がしやすく、また愛犬の様子もうかがえる場所。

20151217m15.jpg

元々あった柱やコンクリートの天井などを活かした内装はバーのような雰囲気でもある。お気に入りの家具を揃えたリビングでゆっくりくつろぐのも貴重なひととき。

20141024_mph01.jpg 20141024_mtxt02.gif

ご夫婦と愛犬とのお住まいを探されていたS様。理想のマンションに出会うまでに1年近く時間が掛かりましたが、立地広さ価格ともに申し分なくオリジナリティ溢れる素敵な空間となりました。

20141024_mtxt03.gif

犬を飼っているので賃貸では住み替えも大変。将来を考えて家を買おうと思い、新築マンションを見て歩いたんですが、狭くて間取りも使いにくい印象でした。そこでインターネットで調べたM+を尋ねて担当の谷本さんと意気投合。すぐに物件を探してもらいました。ところがやはりペット可物件が少なく、1年ぐらい根気よく探してやっと好条件のマンションが見つかりました。

夫婦そろってお酒が大好きで、よく友人たちを呼んで集まることが多いのでダイニングは掘りごたつの小上がりにしました。オープンキッチンと対面で、ちょっと居酒屋みたいですよね。それが夢だったんです。犬がいるので畳ではなくフローリングにして、掘りごたつ部分に蓋をすればフラットな小上がりに。ブラインドを下げれば客間としても使える多目的なスペースにしました。窓のダブルブラインドの色は青か赤か迷ったんですが、赤にして大正解です。
もうひとつ絶対に外せなかったのが愛犬のスペースです。ここは谷本さんがいろいろ工夫してくれて、床と壁は防水クロスを張り、ケージは上空きにし、常に顔が見えるリビングの一角に設置しました。

天井をあげてコンクリートあらわしにしたことで開放感も出て、リビングのほうはスタイリッシュなバーのような雰囲気になったのも気に入っています。谷本さんやスタッフの皆さんのおかげで、100%思い通りにできました。私たちのイメージを拾って、より素敵なアイディアを出してくれるんです。遊びに来た友人たちにも「すごい!居酒屋みたい」と好評です。この辺りは立地もよく、お店の開拓も楽しそうだなと思うんですが、今のところは我が家自慢の居酒屋でゆっくりとおいしいお酒を楽しみながら過ごすのが、一番くつろげるかもしれませんね。

そのほかのリノベーション事例はこちら※別サイトへ移動します

COMMENTS

RELATED POST


inZONE with ACTUS 宮の森

inZONE with ACTUS 宮の森

〒063-0802 札幌市西区二十四軒2条7丁目1-14
(地下鉄東西線 二十四軒駅から徒歩6分 専用P 25台)
tel 011-611-3939 fax 011-611-3233

inZONE with ACTUS 札幌駅前

inZONE with ACTUS 札幌駅前

〒060-0003 札幌市中央区北3西4丁目
(日本生命札幌ビル 商業棟 1階)
tel 011-280-3939 fax 011-280-3940

特集

インテリア
チャレンジコレクション
プロフェッショナルな人のテツガク
レシピ


オーナーズライフ

インゾーネの家/注文住宅
M+/リノベーション


カルチャー

ワインゾーネ
インゾーネクッキング
イベントレポート

コラム

スタッフのお気に入り
宮の森通信
カトウの日常
谷本の酒ログ


ライフスタイル

ブック
ミュージック
フラワー
ムービー