インゾーネのほん。札幌のインテリアショップinZONEwithACTUSのWEBマガジンです。

インゾーネ・クッキング - インゾーネでお料理教室。

2014.03.21

20140323_01.jpg

#02 いつものレトルトを美味しく食べる。


インゾーネのお料理教室「インゾーネクッキング」とは、いつもは遠い存在であるプロの料理人さんに、味の極意をみっちり教えてもらっちゃおう、という欲張りなお料理教室です。
第二回は、市販のレトルトスープを使ったライスコロッケに挑戦して頂きました。

さて、みなさんうまくできましたかどうか。
非日常のお料理教室、はじまり、はじまり。

20140323_02.jpg

今回お邪魔したお店
イタリアンレストラン「トラットリア デッラアモーレ」

インゾーネ宮の森からもほど近い、隠れ家的なお店。オーナーシェフである吉川健治さんは、イタリアはローマ、ベネチアで本格的にイタリアンを学ばれて帰国。研鑽を積まれてのち、40歳を機に満を持して宮の森にご自身のお店である「デッラアモーレ」をオープンされました。お話上手な吉川さんとおしゃべりしながらお料理が食べられるカウンター席は、いつも予約でいっぱい。

ライスコロッケに挑戦。


今回は一般のお客様5名と、インゾーネスタッフの2名が参加。
エプロンをつけて着席したら、まずは吉川シェフから一言ご挨拶です。

20140323_03.jpg

第二回のテーマは「いつものレトルトを美味しく食べる。」ということで、インゾーネで取り扱いのある
レトルトスープ「smallest soup factory」のヒヨコマメのスープを使用した、ライスコロッケに挑戦していただきました。

20140323_04.jpg













「Smallest soup factory」は、10種類以上のバリエーションがあり、
さまざまな国の「家庭の味」を楽しむことができます。
「smallest soup factory」各種¥1,449(税込)

参加いただく方にはあらかじめ、レシピを配布。
メモスペースもご用意したオリジナルのノートなので、シェフの言葉を書きとめるのに便利です。

20140323_05.jpg

まずはスープの試食をしました。


全員がいっぺんに入れないので、今回も2班に分かれて行動。
調理に入らない班の方には、お待ちいただく間にスープを試食して頂きました。

20140323_06.jpg

そのまま温めてもOKの瓶詰スープですが、シェフがひと手間加えたものも一緒にご用意して、食べ比べて頂きました。
「smallest soup factory」のテーマが世界中の手作りスープですので、日本人にとってはなじみのないスパイスも使われていたりします。これを、飲みやすいスープにするのが吉川シェフの技。みなさん、飲み比べて「全然違う!」と驚いていらっしゃいました。初参加のスタッフ山崎も「すごく美味しい」と感激。

20140323_07.jpg

コロッケの前に、リゾットを作ります。


調理に入った班は、まずリゾットづくりから始めます。
お米の種類によってお水の量を変えたり、調理時間を変えたりと、高度な話も飛び交いました。
みなさん、一生懸命メモを取りながら、真剣に聞き入っています。

20140323_08.jpg

リゾットができたら、冷まして成型。
バットごと冷凍庫に入れたり、うちわでひたすら煽いだりと、冷やす方法はさまざま。
ご自宅でも作りやすいようにいろいろな方法を教えてもらえるのも、少人数制のいいところです。

20140323_09.jpg

成型のやり方もいろいろ。
手で適量取ることもあれば、アイスクリーム・ディッシャーを使用することもあります。
ディッシャーを使うと、同じ量が取れて、ざっくり成型できるのでらくちん。

20140323_10.jpg

今回は中にチーズを入れましたので、揚げている間に衣が爆発しないよう、衣を二度づけしました。
なかなか、普段のお料理で衣の二度づけまではできないものですが、こういう場だときっちり取り組めます。
きれいに俵型にしたら、もう一度冷やします。

20140323_11.jpg

時間が空いたら、もう一方の班の話を聞いたり、メモを取ったり、
お客様同士でお話をされたりと、時間をもてあますこともありませんでした。

20140323_12.jpg

いよいよ仕上げにかかります。


揚げ方も方法はいくつかあるそう。
今回は、油を大量に使わなくてもさくっと揚がる方法を教えて頂きました。ポイントは、オーブンでの仕上げ。

揚げながら、コロッケにかけるソースも作成します。
こちらは前回も作った基本のトマトソース。基本のソースだけあって、どんな場面にも応用可能なんです。

20140323_13.jpg

お味はどうでしょう?


さあ、最後はお待ちかね、試食コーナーです。

20140323_14.jpg

コロッケの中のチーズがとろっと溶けて、おいしい!
長い時間と手間暇かけただけあって、プロのコロッケができました。
みなさんにも、満足して頂けたようです。よかったよかった。

試食の後は、恒例となった質問コーナー。
調理中に質問しきれなかったこと、食べてみて改めて感じたことなどを、シェフに質問。
吉川シェフはお話が上手なので、参加された方の質問に丁寧に、わかりやすく、さらに応用まで含めて答えてくださいました。

20140323_15.jpg

教室が終わった時には、高かった日も沈み、すでに夜になっていました。
時間が過ぎても質問が終わらないほど、参加されたみなさん、たくさん聞きたいことがあったようです。

みなさん、お疲れ様でした!
また次回もぜひ、参加してくださいね!

20140323_16.jpg

撮影:木村佳智  文:寺田明日香

INFORMATION

20131215_co14.jpg

トラットリア「デッラ・アモーレ」

〒064-0951 札幌市中央区宮の森1-4 パナシェ宮の森
TEL&FAX 011-826-6770
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)
     18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日 水曜定休
駐車場 有り
http://www.dellamore.net/

関連記事

COMMENTS

RELATED POST


inZONE with ACTUS 宮の森

inZONE with ACTUS 宮の森

〒063-0802 札幌市西区二十四軒2条7丁目1-14
(地下鉄東西線 二十四軒駅から徒歩6分 専用P 25台)
tel 011-611-3939 fax 011-611-3233

inZONE with ACTUS 札幌駅前

inZONE with ACTUS 札幌駅前

〒060-0003 札幌市中央区北3西4丁目
(日本生命札幌ビル 商業棟 1階)
tel 011-280-3939 fax 011-280-3940

特集

インテリア
チャレンジコレクション
プロフェッショナルな人のテツガク
レシピ


オーナーズライフ

インゾーネの家/注文住宅
M+/リノベーション


カルチャー

ワインゾーネ
インゾーネクッキング
イベントレポート

コラム

スタッフのお気に入り
宮の森通信
カトウの日常
谷本の酒ログ


ライフスタイル

ブック
ミュージック
フラワー
ムービー