インゾーネのほん。札幌のインテリアショップinZONEwithACTUSのWEBマガジンです。

特別な日を彩る、二人のPARTY RECIPE

家族や大切な人の為に作った手料理。『おいしい!』って食べてくれるだけで幸せですよね。だから特別な日は、いつもより少しだけ腕をふるって、食器や盛り付けにも一工夫したいもの。今回は、円山「SIO」のオーナーシェフ、佐藤陽介さんにホームパーティーにピッタリのレシピをインゾーネWeb読者の為に考案していただきました。本格的なフランス料理ですが、作り方はいたって簡単。それを「SIO」の厨房でシェフ自ら指導付きという今回の企画。魚の三枚おろしもお手のものという、メンゾーネきっての料理上手、加藤尚和が挑みます。

佐藤陽介さん

取材協力

円山「SIO」オーナーシェフ / 佐藤陽介さん

ブルーと白が印象的な、海を感じさせる直線的なエントランスがお迎えします。

〒064-0802 札幌市中央区南2条西23丁目1-1 テイストビル1F
TEL 011-676-9220 / FAX 011-676-9230
http://www.restaurant-sio.com/

本日のメニュー

  1. 簡単だけれど味は一流 グラタン・ドフィノワーズ
    フランスとスイスの国境、「ドフィノワ」発祥のじゃがいものグラタン
  2. 骨付き肉でちょっとゴージャスに
    骨付き子羊のポワレ トマトソース ナスとジュ マスタードで和えたナスのフリット 全体をローズマリーでまとめて

※ジュとは、肉汁・ジュース、ダシ汁のこと。フランス料理では、ソースとして用いる。

1.グラタン・ドフィノワーズ

  1. 材料(2~4人分)を準備

→作り方をまとめたレシピはこちら

【材料】
  • ニンニク/1片
  • メークイン/400g
  • 牛乳/120g
  • 生クリーム(動物性)/120g
  • とろけるチーズ/200g
  • 粉チーズ/30g
  • 無塩バター/20g
  1. グラタン皿にニンニクとバターを塗る。
    ニンニクがつぶれる位、力強く塗るのがポイント。バターもたっぷりと。
    余ったバターは(2)のじゃがいもをスライスした後のボールへ。「じゃがいもとにんにくも相性が良いんですよ」とシェフ。
  1. じゃがいもの皮をむき、薄くスライス。
    皮をむいたら3~4mmにスライスし、ボールに入れます。
    イモの濃さを残したい場合はもう少し厚めでもいいそう。
  1. 牛乳、生クリーム、チーズを合わせてグラタン皿に流します。
    塩、コショウをして、牛乳、生クリームを加え、1/3のとろけるチーズを混ぜ合わせます。
    混ぜ合わせたら、グラタン皿に流し入れます。
  1. チーズをトッピングして160℃に温めたオーブンで約30~35分焼く。
    焼く時間はオーブンの回転皿のサイズにもよりますので、30分を目安に様子を見て。
  1. 焼き上がり、完成!

イモの種類はメークインを

メークインは煮崩れしにくいので、イモの食感が残るからおすすめです。お好みで他のものでもいいですよ。例えばインカのめざめは甘み、コクが楽しめる。紫イモだけはやめておいた方がいいですね。紫色のグラタンを試してみたい人以外は(笑)

2.骨付き子羊のポワレ トマトソース ナスとジュ マスタードで和えたナスのフリット 全体をローズマリーでまとめて

  1. 材料(2人分)を準備
    骨付仔羊は、一般のスーパーで手に入りますが、事前に問い合わせておいたほうが確実でしょう。
    ニンニクはあらかじめスライスしておきましょう。

→作り方をまとめたレシピはこちら

【材料】
  • 仔羊(骨付き)/4本
  • ニンニク/3片
  • ローズマリー/4本
  • ナス/3本
  • 粒マスタード/スプーン1杯
  • 玉ねぎ/1個
  • ダイストマト缶/1缶
  • ピュア・オリーブオイル/適量
  • フォン・ド・ボー(市販)/1パック
  1. 骨の周りの肉をそぐ。
    骨の周りの肉をそいで骨が出すことで、子羊っぽくなります。見た目も大切ですよ。
    細かい作業には、小さめの包丁が使いやすそう。
  1. ニンニクとローズマリー、オリーブオイルで仔羊をマリネ。
    ラップをかけ、オイルと香草の香りを肉に浸透させます。
    ここまで前日にやっておけば、当日は焼くだけで済みますよ。
  1. ニンニクと玉ねぎをみじん切りにする。
    ポイントは2つ。1つは、みじん切りの大きさを均一に揃えること。大きさがバラバラだと火の通りがまちまちになってしまうから。2つ目は、焦げやすいにんにくを炒めるときは、必ず火の傍で様子をみること。焦げると香りや味が悪くなるから。実は今回、シェフが一番、こだわったのは意外にもこの"みじん切り"という作業なんです。
  1. (4)を鍋に入れ、ダイストマトを入れてソース作り
    (4)は、オリーブオイルで弱火でゆっくり火を入れていくのがコツ。軽く塩をしたあと、トマト缶を入れて煮込みます。少し煮詰まったら塩で味を整えましょう。ソースも前日に準備しておけば、当日の手間が省けます。ここまでくれば、あとは一気に仕上げるだけ。
  1. 付け合せを作る。
    付け合わせのナスは乱切りにして素揚げしますが、揚げ物が苦手な方は、フライパンでソテーしてもOKです。
    このナスだけでも立派なおつまみになりますよと。軽く塩をして、粒マスタードとあえて。
  1. 仔羊に、塩・コショウをふって、いよいよ焼いていきます。
    フライパンにオリーブオイルと、マリネに使用したニンニクとローズマリーを入れ、香りを出しましょう。仔羊の肉は、最初は中くらいの強火で1~2分、焦げ目がついたらひっくり返して更に2~3分焼きます。この時、ニンニクとローズマリーは焦げてしまわないよう、一旦取り出しておくこと。

この後も2~3回こまめに返すと、羊の両面に均等に火が入ります。フライパンを傾けて、下に溜まった脂を肉にかけながら焼くと、香りが肉に移ります。肉を取り出し、フォン・ド・ボーをスプーン4杯、ニンニクとローズマリーを鍋へ入れ、塩、コショウで味を整えて。香草の良い香りがしてきました。仔羊、ニンニク、ローズマリーのまさに三位一体のソースの出来上がりです。


  1. シェフの美しい盛り付け・・・完成!
    トマトソースを敷き、その上に羊、トップにニンニクとローズマリーを乗せます。ナスは羊の周りに添えて。
    最後にジュ(ソース)をかけて完成!白いシンプルなスクエアのお皿に料理が映えます。

小さいことほど丁寧に

地道で丁寧な下ごしらえの積み重ねこそが、美味しい料理を作る近道です。

さあ、試食

熱々のグラタンをテーブルまで運んでテーブルセッティング。焦げ目もちょうど良い具合で、ジャガイモとチーズの美味しそうな匂い。
仔羊のポワレは、中のピンク色が美しく、焼き加減もちょうど良さそうですね。食欲がそそられます。

自分で作ったとは思えないくらいおいしいです。ポワレもマスタードが効いていておいしい。というかおいしいしか出てこない!

レストランさながらの2皿。こんなお料理が自宅で出来たら、幸せですね。
そして何よりも、作り手の愛情が最高のスパイスです。
ちなみに、使用した食器は、インゾーネで取り扱っているもの。
皆様も是非、お試しになってみてはいかがでしょう?!

お料理と合わせて、こんなワインをご一緒に

WITH グラタン
シャンパン。もしくは、樽香の効いたちょっとリッチな白のシャルドネと共に。

WITH 子羊のポワレ
メルロー主体のまろやかな赤のボルドー。
又は、香草やマスタードの風味と合う、スパイシーなシラー種の赤ワイン。

SIOでも、器にはこだわってます

お皿や小物は大好きで、種類は非常に多いです。料理が仕上がると、その場でイメージに合うものを選んで盛り付けています。作家さんの一点ものも多いので、同じテーブルで同じものを召し上がっていてもお皿は違っていたりします。僕自身、心を込めて料理を作っているので、それを盛り付けるお皿も、安いものではなく、作り手さんが色々な思いをこめて作った作品に載せて提供したいと思っています。



今回紹介した料理は、お伝えしたポイントをつかんでもらえば、自宅でもきっと上手く出来るはずです。あとは、一生懸命作ったご馳走をより美味しく見せる為の、ちょっとおしゃれな食器を用意してみましょう。みなさんが興味を持ってどんどんチャレンジしてくれたら嬉しいです。

佐藤さん、ありがとうございました!

あとがき

今回の取材を終えて、インゾーネの思いや僕の考えと、佐藤さんのお店に、とても共通する部分が多いと感じました。
佐藤さんの、料理に対する情熱はもちろんのこと、小物やお店の細部のいたるとこまでこだわり抜き、自分の「センス」や「好み」を追求していくことで、楽しくて居心地の良い、素敵な食空間が作られているのです。
インテリアや家もそれと同じで、決して高級すぎないんだけど、ちょっと手の届く範囲内で、でもちょっと良いものを使ってこだわるというだけで、生活が、すごく素敵に変わっていく。質の良いものを長く使うことの価値を知り、家族と過ごす時間を大切にする。心豊かに、日々楽しく過ごす。これからも僕はインゾーネの一員として、そういう思いを大切に、皆様のお手伝いをしていきたいと思っています。

取材協力

SIO
ブルーと白が印象的な、海を感じさせる直線的なエントランスがお迎えします。
〒064-0802
札幌市中央区南2条西23丁目1-1 テイストビル1F
TEL 011-676-9220 / FAX 011-676-9230
http://www.restaurant-sio.com/
定休日  : 不定休
営業時間 : [ランチ]   11:00~14:00 (L.O)
        [カフェ]   14:00~17:00 (16:30LO) ※金~日、祝のみ営業
        [ディナー] 18:00~ ※夜10時以降入店の場合は要予約

SIOってステキなお店です

「楽しむ」がコンセプトのSIOはフレンチをベースにした創作料理店。お客様の年齢層は幅広く、接待、お子様連れなど、お店を利用していただく目的も様々だとか。SIOの特長は何と言っても、壁のない、オープンキッチンスタイルであること。和食の小料理屋さんや、看板だけの小さなお店にある、お客様との会話できる良さを、フレンチをベースに、ワインや日本酒を幅広くそろえ、お皿や、お店のしつらえにもこだわった店で実現した、シェフとの距離が近いお店です。
「お客様が、見たり、参加できるよう、エンタテイメント性を持たせる為、このスタイルを選びました。お客様と、作りながら楽しく話をしていて、時には急に料理教室が始まったりすることもあります。食事も、見ているのも楽しかったな~と思ってくれるが嬉しいですね」と。メニューは、その都度その都度、素材やお客様の状況に合わせた、最適なものを提供。
「コミュニケーション重視の店なので、お客様は一回の食事時間が長くなります(笑)、何でもいいのでお任せします、では寂しいですね。例えば、今日は野菜がたくさん食べたいな、とか、3皿くらいでお願いしますとか、簡単なことでもいいので、話してくれると嬉しいです。好みや情報が少しでも得られれば、あっさりしたお魚がありますよ、などのやり取りが生まれますから。一緒に、このエンタテイメントに参加してもらうことが大切だと思っています」

取材・編集 : Mammy Pro / 撮影 : 小森 学(Volunti)

COMMENTS

RELATED POST


inZONE with ACTUS 宮の森

inZONE with ACTUS 宮の森

〒063-0802 札幌市西区二十四軒2条7丁目1-14
(地下鉄東西線 二十四軒駅から徒歩6分 専用P 25台)
tel 011-611-3939 fax 011-611-3233

inZONE with ACTUS 札幌駅前

inZONE with ACTUS 札幌駅前

〒060-0003 札幌市中央区北3西4丁目
(日本生命札幌ビル 商業棟 1階)
tel 011-280-3939 fax 011-280-3940

特集

インテリア
チャレンジコレクション
プロフェッショナルな人のテツガク
レシピ


オーナーズライフ

インゾーネの家/注文住宅
M+/リノベーション


カルチャー

ワインゾーネ
インゾーネクッキング
イベントレポート

コラム

スタッフのお気に入り
宮の森通信
カトウの日常
谷本の酒ログ


ライフスタイル

ブック
ミュージック
フラワー
ムービー